在宅ライター1件契約!

トライアル応募をしていた企業様から、正式にライター契約をしたいとのお知らせをいただきました!

クラウドソーシングサイト上から案件応募する際、「トライアル」という記述を目にすることはありませんか? なぜ「トライアル」が必要なのか クライ...

Webメディアに掲載されるような記事ではありませんが、私の経験から言えば高単価の案件です。現在妊娠中であることも伝えており、出産までどれくらいの記事数の納品ができるか分かりませんが、責任を持ってお仕事したいと思います。

出産後はこうした単発の契約だけではなく、事務代行業務を中心とした継続案件にもチャレンジしていきたいと思っています。

複数のサイトや事務代行業者にも登録していますが、一時に比べると案件数が少なくなっている気がします(とはいっても月ベースでの比較なので、年間にならすとあまり変化はないのかもしれませんが)。在宅ワークの希望者はこれからも増え続けると思いますが、それに合わせて案件も順調に増えるとは断言できません。

在宅ワークビギナーというハンディキャップの中でも最後の一人に選んでいただけるよう、勘が鈍らないようビジネススキルの維持向上は怠れません。これまでの経験・スキルにプラスして、何か自分に付加価値を見出したいのですが…。

SNSなども活用したWebメディアの運営にも興味がありますが、最近の経営者の方はWebに強い方も多いですよね。事務代行での就業を考えるうえで、オールラウンドでクライアントをサポートできるよう、知識やスキルをアップデートしておきたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク