my home, my career !

かけだし個人事業主@在宅ワーカー、たまに会社員。

在宅案件に応募する。「トライアル」って一体何?

クラウドソーシングサイト上から案件応募する際、「トライアル」という記述を目にすることはありませんか?

なぜ「トライアル」が必要なのか

クライアントが求めるレベルで仕事ができるかどうか

例えば記事作成のライティング案件の場合、

「この記事を提案してきたランサーの、ライティング力が確認したい」 「どんな文章を書くか、実際に作成してもらいたい」

引用元:Lancers | ワーカー登録はこちらから

ワーカーから提案を受けるクライアントにはこのような懸念があります。どのような記事を作成するか分からないまま契約をしてしまった場合、納品物のレベルがあまりにも低く、何度も細かい修正を依頼することになってしまう、という可能性もゼロではありません。

とはいえ多くの応募者の中で、これまでの経歴やワーカーの自己PRだけを根拠に、どのような記事を作成するのか完璧に予測することは困難です。手間も時間もかかってしまいます。

そのためトライアルとは、クライアントが仕事をお任せするワーカーを選定する際の検討用資料となるものです。企業での採用試験やスキルチェックのようなものと言って良いかもしれません。お仕事スタート時の時給を決定するにあたっての参考資料とするクライアントもあるようです。

トライアルが求められるケースとして、成果物の納品が求められる案件(例:資料作成、翻訳、テープ起こしなど)が挙げられます。

所要時間や作業時間など、仕事のボリュームの目安になる

トライアルについては、報酬がないケースがほとんどです。最終的に受注者として選ばれなければ骨折り損になってしまうのではないか、と懸念されるワーカーさんもいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、必ずしもそうではありません。特に初心者ワーカーにはメリットもあると私は考えています。

特に初心者ワーカーの場合、「出来そうと思って受注してみたはいいけれど、案外作業時間が必要だし、時給換算したら結局いつもより低時給になってしまった」ということが起きかねません。

トライアルでは、実際の作業に近いレベルの課題が与えられます。応募期限までに何となく制作するのではなく、

  • どんな作業が
  • どのくらいの工程必要で
  • どれだけ時間がかかったのか

意識しつつ、報酬とされている金額は妥当かどうか、きちんと検証しながら制作にあたることが必要です。「こんな単価では仕事できない!」と判断できれば、応募を見送るのも懸命だと思います。

選ばれるために、100%の仕事ぶりを見せよう

トライアルというと「お試し」という気軽な印象を受ける方もいるかもしれません。

しかしながら先にも述べた通り、これは選考試験の一つです。競合する他のワーカーに差をつけ、クライアントから受注するために、まずは100%の仕事ぶりを見せましょう!

私も現在、トライアルの結果を待っている案件が複数あります。良いお返事が頂けるよう、これからも100%の全力投球で挑んでいきたいものです。