my home, my career !

かけだし個人事業主@在宅ワーカー、たまに会社員。

またも失注。反省点を整理します

先日、クラウドワークスから応募していた案件を失注してしまったことは書きましたが、続いてもう1件、在宅求人向けサイトから応募した案件も失注してしまいました…。

PPT資料などの作成代行業務で、トライアル課題の提出と希望する就業条件についてお伝えし、合否の連絡を待っていたところでした。

結果は残念なものでしたが、トライアルに取り組む中で、「この作業は苦手かも」「こうしたら時間短縮ができるかも」と自分の作業スタイルを振り返ることができました。反省のため、記録しておくことにします。

トライアル制作、そして失注を振り返る

振り返り1. 手直し・校閲系の作業は苦手かも

今回のトライアルは既存の資料に手を加えて修正する工程が多いもの。

「イチから自分で資料を作成する」のと「他人が作成した資料を見やすく手直しする」のとでは、びっくりするくらい難易度が違いました。見通しが甘かった。

振り返り2. まずは「書いて」みる。デザインラフで見通しを立てる

1点目と関連しますが、今回は手直し作業が主ということもあり、「単純な整形作業でしょ、機械的に作業すればOK」と甘い見通しで作業を開始してしまったのです。

結果、プレゼンテーション全体に統一感を持たせるとき壁にぶち当たり、当初の見通しよりも時間がかかってしまいました。トライアルについて納期は特に設けていないとの先方の回答でしたが、もう少し早く提出できたかもと悔やまれます。

「イチから自分で資料を作成する」場合と同様に、資料を読み込み情報を消化してデザインラフを書き起こし、その後でスライド制作にあたった方が、圧倒的に効率よく作業を進めることができました。最初からこうしておけばよかった~。

振り返り3. 提出前に一晩寝かせる!

先に書いた通り、当初自分が想定していた納期より後倒しで完成となったため、その後の提出もバタバタ慌ただしいものでした。

抜け漏れがないか注意深く確認したつもりでしたが、提出した課題を今改めてみると、ところどころケアレスミスのような見落としが…。

やはり納期には余裕を持ち、できれば一晩寝かせて、翌日のスッキリした頭で再度チェックを行い提出する必要があったな、と反省しています。

未来の受注に向けて

不合格になった本当の理由は分かりません。資料の出来かもしれませんし、提出までの所要時間、ひょっとすると私の希望する条件と折り合いがつかなかったことが原因かもしれません。

しかしながら、反省の多いトライアル制作になってしまったことは確かです。

現状在宅案件は多いとは言えませんし、その中でも自分の希望に近い案件を逃してしまったことは正直痛いです。次の応募は少なくとも、今回の「しくじり」を繰り返すことのないようにしたいです。